七田式英語教材【7+English】の口コミ・評判は?

七田式英語教材【7+English】の口コミ・評判は?

七田式英語教材【7+English】の口コミ・評判が気になる方も多いと思います。
そこで管理人のレビューと併せて気になる口コミ・評判ををまとめてみました。

 

まず目についた、あまり評価していないという口コミを挙げてみると

・特典の一部が冊子ではなくダウンロードしなくてはいけない。
プリンタで印刷すると何百ページ分もあるのがネック。

 

・テキストが大きいために持ち運びに不便

といった教材自体の内容ではなく冊子の形状などに関する不満の声が多かったです。

 

 

電子データのまま使う分には問題ないですが、印刷して読みたい場合は確かに面倒な点です。
本編は冊子で送られてきますから特典の方も冊子で、という気はしますね。

 

 

テキストの大きさは通勤・通学時しか時間が取れない、または家では勉強できないといった環境だと
持ち運びに不便ですけど、別の口コミでは、外出中などは音声ファイルでの
学習&復習がメインなので気にならないという意見も多く、この辺りは人それぞれの環境次第といえるでしょう。

 

 

とはいえ七田式英会話教材は元々、1日にやるノルマが非常に少なく設定されています。

 

覚えるフレーズは、膨大な「よく使う英会話フレーズ」の中から
どんな場面でも応用の利く60パターン、600のフレーズを厳選しています。

 

七田式英語教材

 

 

1日1つの表現パターンを10フレーズ、これに3日前までの復習3×10の30フレーズ、
合計で40フレーズを1.5倍、3倍速で「聞いて口に出す」を毎日繰り返していくだけです。

 

 

いきなり40フレーズ覚えろ、だとキツく感じますが、1日10フレーズ覚えて
残り30フレーズは忘れていないかの再確認といった形式のため1日15〜30分程度で済みます。

 

 

あまりに量が多いとそれだけでやる気がなくなることってありますよね。

 

 

その点、このノルマなら継続するのが苦にならないし
少しずつでも着実に覚えていっているという事を実感できるので
モチベーションが上がっていく、という好循環になるよう考えられたカリキュラムになっているんですよね。

 

 

この辺り宣伝費ばかり掛けているだけの教材とは違い
長年、英会話教室を運営しているだけはあります。

 

七田式の英語教育メソッド

七田式と他の教材の違いといえば、最も大きな相違点はその学習法にあります。

 

そもそも七田式の七田眞氏は紹介ページにもあるように右脳開発の第一人者であり、
その英語教育法は独自に開発してきた記憶法を取り入れたものです。

 

七田式が世界中で実績を挙げてきた記憶法を活用し英会話フレーズを身に付ける。

 

これが七田式英語教材「7+English」であり、他の英語教材とは一線を画す点です。

 

記憶メソッドを取り入れた英語学習というのは七田式が得意とするものですが、
「7+English」では、さらに洗練し「英会話フレーズ完全記憶メソッド」をプラスして
英会話を最短で効率よくマスターできるよう工夫がこなされた教材に仕上がっています。

 

ただし、注意点が一つ。
厳選した英会話フレーズと効率の良い記憶メソッドを取り入れ
完成度の高い英語教材となっている7+Englishですが、
学校の試験などで英単語や英熟語を覚えたいという方には不向きな教材となります。

 

詰め込み型の英語学習には向かない、という事ですね。

 

 

あくまで七田式「7+English」はネイティブが良く使うフレーズを覚えることで

英会話(リスニング+スピーキング)を習得する事に特化した教材です。

 

 

・英語が喋れるようになりたい!
・聞き取れるようになりたい!

 

そんな方にはピッタリな教材といえるでしょう。

 

 

>>七田式英語教材【7+English】公式サイト<<