英会話の上達と記憶力の関係

英会話の上達と記憶力の関係

「英会話の上達に記憶力は必要か?」

 

こう聞かれれば、当たり前かもしれませんが
ほとんどの人が「必要」または「あった方が良い」と答えるでしょう。

 

記憶力はあるに越した事はないですからね。

 

特に学校の試験などでは、英単語・英熟語・構文など
ある程度の英語の知識と記憶力さえあれば、高得点を取るのに有利なのは間違いありません。

 

 

ただ、こういう言い方をすると「学校で覚えるような英語じゃ英会話は習得できない」
思われるかもしれません。

 

確かに日本の義務教育で習うような英語ではネイティブと話せるような
英会話は習得できないでしょう。

 

しかし記憶力を身に付けていれば有利という点では
「学校の英語」でも「英会話」でも同じです。

 

「聞き流すだけで英語が自然と身に付く」なんていう英会話教材にしてみても
記憶力があったほうが覚えやすいのは明かです。

 

とはいっても、
「肝心の記憶力に自信がない」、「どうやって記憶力を上げればいいのか」
という方が大多数でしょう。

 

記憶力の向上が英会話習得には大変重要な要素であるのに
この部分に重点を置いた英会話教材は非常に少ないですからね。

 

記憶力が足りなければ、いくら脳に詰め込んでも底に穴の開いたバケツに水を注ぐようなもの。
穴が小さければ一時的に水を満たす事が出来るかもしれませんが、
効率も悪いですし、なにより時間と労力の無駄になってしまいます。

 

 

記憶力を上げつつ、さらに英会話もマスターする。

 

 

この2つをしっかり組み合わせた効率的な英会話学習法で
お薦めなのが、七田式の英会話教材「7+English」。

 

 

元々、右脳開発の第一人者であり、独自の記憶法で多くの実績を挙げてきた
七田眞氏による記憶法+英会話学習メソッドをさらに進化させた教材です。

 

 

七田式の最新英会話教材
「7+English」公式サイト⇒http://7plus-english.com/

 

 

記憶力が上がるメリットは英会話上達に限らず、色んな分野で応用が利くでしょう。